Archive for the ‘Design’ Category

JIKAN研修旅行@プーケット 最終日

木曜日, 4月 26th, 2018

タイ4日目。

各々チェックアウトまで自由に過ごし、再度集合。

お土産探しにショッピングセンターへ。

 タイの広告。濃い~です。

 路上観察。ひとかじりの唐辛子とノーかじりのカップケーキ。
どんなストーリーがあったんだろうか。

  ショッピング後、バンザーンマーケットへ。
システムはほぼ沖縄の公設市場と同じです。

  パイナップルチャーハン。ボリューミー。

  トムヤムクン(少し辛め)

  そして、これ。
スタッフ絶賛のマンゴーとココナッツミルクで炊いたお米。
めちゃくちゃ美味しいです。

  そして、昼食後はプーケット国際空港へ。帰国しました。

以上

怒涛の4日間があっという間に過ぎました。
今年は平日3日間お休みいただき、皆様にご迷惑をおかけしました。
おかげさまで、美しい自然と東南アジアの文化に触れ、貴重な体験を得れました。
ありがとうございました。
また今後のお仕事で活かしていければと思います。

Asai

JIKAN研修旅行@プーケット 3日目

木曜日, 4月 26th, 2018

タイ3日目。
今日はこの旅本命のピピ島へ向かいます。
ピピ島は映画ザ・ビーチのロケ地になった美しすぎる無人島です。

早朝港まで移動し、ボートIN&GO。朝日を眺めつつピピ島へ。

船内の様子。

今回は安全を加味して、ジェームズボンドさん付きツアーにしました。

ピピ・レイ島に到着。6つの島からなるピピ島の中のひとつ。この島がザ・ビーチの舞台です。

遠浅&干潮で船が入れないため、海岸沿い岩肌を歩きます。

そして、ピピ・レイ島上陸。
ここがディカプリオもジーザスと叫んだ(であろう)マヤベイです。

マヤベイバックに集合写真パシャリ。

実はピピ島は代表カジの長年来たかった場所。
ということもあり微笑みが止まりません。

パシャリ。

パシャリ、パシャリ。美しい場所です。

ビーチ奥にはジャングル。

ジャングルを抜けて島の反対側に行くと
カップケーキアイランドと呼ばれている小島があります。

DCIM100GOPRO

その近くでシュノーケリング。

続いて訪れたのがピレー湾。まごうことなき楽園です。

皆楽しそうにバシャバシャ泳ぎます。

船上シリーズ1。
ジェームズボンドさんは全員の安全をチェック中。

船上シリーズ2。
この黒人、
このツアーで何回バク中ダイブしたのかわからないくらい飛んでました。

船上シリーズ3。
続いてはフランスのボンドガール。
セクシー写真を撮ってインスタにあげてます。(たぶん)

最後に集合写真パシャリ。

その後は、海燕の巣に行ったり

お猿さんに挨拶して

ピピ・ドン島にランチにいき

面白い写真を撮り

帰港。
本当はもう一つ島に行きましたが、ブログの尺的に割愛します。

本島に戻り、港近くの旧市街プーケットタウンへ。
植民地時代の欧風建築が色濃く残るエリアです。

街のいたるところにパブリックアートがあります。

国内外の幅広いアーティストが参加しているそうです。

一瞬人が乗ってるのかとびっくり。

街を散策後、タクシーすし詰め状態でホテルに戻り

プーケット最後の晩餐へ。今日は美味しいと噂のチェンライシーフードマーケットへ。個人的(あさい)にはナンバーワンでした。

最終夜ということで大爆音のトゥクトゥクに乗り、ニューハーフショーへ。

ノーヘル&にけつがタイランドスタンダード。

いきなりショー終了後ですが(撮影禁止のため)キャストが出口で勢ぞろい。
ショーはめちゃめちゃおもしろったです。

3日目終了。
早朝から夜遅くまで動いて全員ヘトヘト。
ぐっすり寝ます。
明日は最終日。

JIKAN研修旅行@プーケット 2日目

木曜日, 4月 26th, 2018

タイ2日目。

おはようございます。
初日はほぼ移動で終わったので
今日から気合入れてプーケット観察していきます。

ホテルからの景色。
恐らく開拓前から残っている林に、ガンガンごみを捨てまくる現地の人。

まずは滞在地の近くのパトンビーチまで散歩。
日中の日差し強しです。

電線の数も多しです。

ドナルドもコップンカーしています。

パトンビーチ着。南国に来たことを実感。

続いてタクシーに乗り、小高い丘へ移動。良く見渡せます。

お供してくれているドライバーのユースとパシャリ。

続いては、この旅の大枠3つある目的地うちの1つ。アートビレッジに到着。

アートビレッジは、プーケット南方にある現地アーティストたちのアトリエ&工房が集合している場所です。

きれいな色彩です。

作品制作中のアーティストの方もいました。

いい空間でした。
こんな場所が集合しあって街みたいになれば、どんな風景があるんだろう。

海沿いで昼食。ここでの時間と空間が最高に心地良かったです。

昼食後、同じく南方にあるビッグブッタへ。文字通り大きいです。

そして、個人的(あさい)に楽しみにしていたエレファントトレッキングへ。

観光客用のジャングルロードを途中落ちそうになりながらノシノシ進み、スリル満点でした。

そんなこんなで一気にホテル着。プールにて一服。

2日目の晩は、いろいろあって火鍋にすることに。

激辛で悶絶。中国人向けの本気火鍋でした。

結局タイ料理屋でお口直し。美味。
〈旅の教訓〉途中でトリッキーな動きをしないこと。

2日目終了。
明日はこの旅本命の場所へ。
早朝出発なので早めに就寝。おやすみなさい。

JIKAN研修旅行@プーケット 初日

木曜日, 4月 26th, 2018

皆さんこんにちは。

SNS等で告知しておりましたが
先日、社員研修旅行に行ってまいりました。

今年の行先はタイ・プーケット。

最近日本も日差しが強く暑くなってきておりますが
1年で一番暑い暑期という時期のタイに行き
その比じゃないほどの紫外線を浴びて帰ってまいりました。

どんな研修旅行だったのか、ダイジェストでお贈りします。

早朝、関空出発。出すもの出してテイクオフ。

 マレーシアでトランジット入れてフライトは8~9時間程。

 プーケット着。降りてすぐ暑いです。

 子連れタクシーにて市内に移動。

 移動すること1時間弱。パトンビーチ近くのホテルに無事到着。
すっかり夜です。ご飯探しに行きます。

 途中、ハングオーバー過ぎる繁華街を抜け。。

 いい感じのシーフードマーケット発見&乾杯。
タイ飯一発目は見事に美味でした。

初日はこれにて終了。
2日目に続く。。

mingalang exhibition in JIKAN〈Space〉

金曜日, 12月 8th, 2017

更新遅くなりましたが、先月の11/15(Wed)~17日(Fri)に
mingalang(ミンガラ)さんの作品展をJIKAN〈Space〉で開催しました。

mingalangさんは、JIKAN Design10周年記念手拭いのデザインや
でのイベントのDJでもお世話になっていまして
今回は切り絵の作品を中心に、今までの作品から新作まで展示していただきました!

初日のオープニングでは切り絵ライブも行い、大盛況でした!(詳細は後ほど)

ではでは、作品&展示の様子をいくつかアップします。

中央が今回作品展のメインビジュアル。どれも素敵です。

ペタペタ。

なんと切り絵デザインの傘!!こんな素敵な傘があれば、雨の日が待ち遠しくなりますね。

お客様に作品を説明されているmingalangさん(写真右)

他にも今までの作品が数々展示されいていました。

写真右は弊社の10周年記念手ぬぐいデザインです。

そして、こちらがオープニングの切り絵ライブの様子です。
スペース中央に設けられたテントの中でmingalangさんが生で切り絵を行い、その様子がプロジェクターで映されています。
ライブと中継がひとつの空間の中で混在していて、面白い空間になっていました。

プロジェクターで映し出される切り絵ライブ。美しいです。

中の様子をちょこっと。

今まで、3日間に渡ってアーティストの展示をJIKAN〈Space〉で行うのは初めてで
スタッフ一同ワクワクドキドキでしたが、新たな発見も有り、非常に興味深いイベントになりました。
何より、mingalangさんの切り絵が素敵過ぎました。

mingalangさん、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
今後とも、JIKAN〈Space〉宜しくお願いします!

E.T. (Electric Treatment) vol.2 -電子音楽の夕べ-

水曜日, 10月 25th, 2017

先週の10/20(金)に行いましたE.T. (Electric Treatment) vol.2
足元が悪い中お越しいただき、ありがとうございました!

お越しくださった皆さまと
ゲストアーティストの方々の素晴らしい演奏で
今回も非常に充実した電子音楽・映像のイベントとなりました。

当日の様子はこちらのダイジェストムービーからどうぞ。

写真はfacebookにアップしていますので、こちらからどうぞ。

E.T. Vol.2 (Electric Treatment)-電子音楽の夕べ-
2017/10/20(Fri) 
open 19:00 / start 19:45
place:JIKAN Design内 Space
— LIVE —
■Enitokwa feat. Shigeki Ieguti
■YPY
■和泉希洋志 KIYOSHI IZUMI
— Modular Video Effect Live —
■SHUSAKU KAJI(JIKAN Design)
+bemnmn(JIKAN Design)

今後も、不定期ではありますがE.T.の続編をやっていきたいと思います!
皆さまよろしくお願いいたします。

Unknown Asia Art Exchange Osaka 2016

金曜日, 8月 26th, 2016

弊社スタッフの和田(BemnmnBen)が、Unknown Asia 2016へ出展決定!
9/30(金)~10/2(日)の期間中、梅田ハービスホールで開催されます。

先日制作したKAOHAME WILDJUNGLEを進化させた新作も展示予定!?

またアジア各地から様々なクリエイターの作品もあるようですので
ご興味あるかた、是非お越しくださいませ。

UNKOWN ASIA
BemnmnBenアーティストページ

main_visual_pc

「指を置く」展

金曜日, 4月 4th, 2014

1185019_599936176762343_917148768_n

@dddギャラリー

ギャラリー内に置かれた紙、
紙にかかれているのは、点、線、ごくシンプルなイラスト

その紙に自分の指でタッチしたり、
紙の上を指でなぞったりしながら見る、という展示でした。
(展示の最後に、紙以外の上級編?もあり。)

「指を置く」と、置いた紙の中のできごとと、
自分がかかわりを持ち始める瞬間 があって、
予想外の自分の反応に、おもわず「ウワワ」。
静かなギャラリーでひとり、ぶつぶつリアクションしながらみてまわりました。

タッチするメディアは当たり前のようになりましたが、
まだまだ たのしい可能性が秘められているような、そんな気がしました。

トークも行きたかったですね。。。。、もう終わってしまってました。

1016954_599936193429008_385977966_n

わだ

Revenge!Balloon in 靭公園

月曜日, 10月 29th, 2012

今月初めに参加させていただいた「NEW STEP FESTIVAL 2012」

台風の影響で、悪天候の中なんとか成し遂げました。

その後「できれば晴天の中で、完成させたい!見てみたい!」ということで

私たちはリベンジをしに、事務所近くにある靭公園に行ってまいりました!

この日は風がほとんどない、秋晴れ◎

大きな荷物をリズミカルに運ぶのはB-boyタナカ

「風船、膨らむ~俺の心も膨らむYO!チェケラッチョ!!」

今日も絶好調です。



早速、作業開始。

今回は、風船を20個の束にして、出来るだけ高く浮かせることにしました。

「この方が、ある程度の風が吹いても、大丈夫だよ!うん!」

イチハラの頼もしい言葉。そして2人初めての共同作業。

次々と風船にガスを入れ、渡すキタムラ。

鋭い目つきでoshare眼力!!

今日は計画通り、うまいこと作業進んでいます◎

そして、少しずつ風船の固まりができてきました。

「おねぇちゃん、なにしてるの?」

自転車に乗って、遠くから子供が作業を見に来たり

大学生の女子が来たり、おじさんが来たり。。。みんな、気になるようです。

「お前さんのoshareオーラが気になって、来たよ。」とおじさん。

「マジですか!?サンキューです!」やったねキタムラ!

ある程度膨らませたら、離れて確認。

だんだんと、日が暮れてきました。。

約250個の風船が完成し、空高く浮かせていきます。

そして、ついに・・・!!!!



ジャーン!バルーン

ランダムに設置していた風船を、大きなひとかたまりになるよう設置し、

ベストポジションへプロジェクターを移動

仕事帰りのサラリーマンやOL、散歩をしている方々が

いったい何が始まったのかと、立ち止まって見ていました。

今回、この風船を使ってでの映像インスタレーションは

自分たちの思っていた以上に困難なものでした。

失敗の積み重ねが、いつか成功へ繋がる。ということを信じ

又、新たなる挑戦ができるようスタッフ一同、頑張りたいと思っています。

wakasa

NEW STEP FESTIVAL 2012

月曜日, 10月 1st, 2012

澄みきった青空が秋を感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

ジカンスタッフのわかさです。

先週の土曜日、淡路島で開催されました「NEW STEP FESTIVAL 2012」に

JIKAN Design参加させて頂きました◎



今回わたしたちは、半透明の風船約300個に映像を投影する

インスタレーションを行いました。

台風の影響により、当日は予想外のハプニング!?が、あったり・・・

でしたが、無事楽しくやり遂げることができました。

では、29日全体の流れをまとめて紹介していきましょう。GO!!!!GO!!!!



車走り出して、明石海峡大橋を過ぎたころ

ランチタイムとなり、みんなで回転寿司へ



本番うまくいくかな。。と、珍しく不安げな表情を見せるキタムラ

キメ顔で流れてくるネタを見つめています。

そして、会場であるサンライズ淡路に到着

雨の降る中、作業開始です。



次々と風船を膨らませてみたものの・・・あれ?何か様子がおかしい!

なんと、雨の重みで風船が落ちてきたのです。



おぉぉ・・・俺の風船も落ちてる。ショックで今にも泣き出しそうなタナカ



さて、こんな状況の中どうしたらいいのか、混乱するスタッフたちに

代表が登場!

「このフェスティバル、最高に盛り上げるためにも、ここで諦めてどうするんだ。」



代表の一言で、私たちスタッフは



力のある限り、全力で風船を膨らまし、設置、そして・・・ついに







できました。

今回は雨の影響により、想像していたものとは少し違ってしまいましたが

約300個の風船をまとめ、映像を投影。

音楽鳴り響くなか、風に揺られながら幻想的な光を放つ風船



観客の方々も、興味深そうに見に来たり

写真撮影したりと、盛り上がっていました。

oshareキタムラも、チョベリグな感じです。

一方、メインステージでは、JIKANスタッフであり、

MAHORAMA(icchie&YOSSY)であるイチハラ、登場!!



イェ~イ!

会場は大盛り上り!!

そして、記念撮影。1枚目



ご覧のとおり、スタッフ皆おかしなことになっています。

キレのポージング、ワダ
おしゃれに消えていく、キタムラ
すべての光を顔面吸収、タナカ
メガネがねじ曲がる、代表カジ

いったい何を意味してるのか・・・

2枚目



イチハラも加わり、ベストショットの中

状況を把握できなかったのか、半目になるワカサ

本祭であった30日は台風の影響により、中止となってしまい残念でしたが、

また行われる事、期待してます。

最後になりましたが、今回このような機会をくださりましたpug27の小泉伸吾様
NEW STEP FESTIVAL関係者の方々、市原さん、この場をおかりして御礼申し上げます。

ムービーも出来次第アップ致しますので、

その際は、是非ごらんください◎

-wakasa-